これでトラブル回避??床や壁の防音について

賃貸の音が気になるならアパートよりマンションを選ぶ

ワンルームの賃貸物件を選ぶとき、ワンルームマンションにするかアパートにするかで悩むかもしれません。アパートといえば以前は木造が一般的でしたが、今は鉄骨造りが多くなっていて、もちろんバス、トイレ、キッチンなどの設備も整っています。部屋だけを見るとマンションとほとんど変わらないアパートもあります。賃料も安いケースがあり、住みやすそうだとアパートを選択する人もいます。ただ音が気になりやすいのであればワンルームマンションを利用した方がいいかもしれません。マンションは鉄筋コンクリート造りが多く、賃貸と言ってもそれなりに壁や床の厚みがあります。アパートはマンションに比べると壁や床の素材が薄いケースがあり、音が気になるかもしれません。

賃貸物件の周辺の様子を見て防音性をチェックする

自分がたてる音が気になる人は少ないでしょう。一方で他人がたてる音が気になる人は多いです。自分がたてる音はたてるタイミングなどが分かります。他人の音は自分の生活のリズムに関係なくするので、気になりだすと小さい音も気になってしまいます。賃貸物件を利用するときは、トラブルを回避するためにも音が気になりにくい物件を探すようにしましょう。探すときのポイントとして、物件周辺の環境をチェックしてみましょう。大きな道路や鉄道、その他商店街などがあるときは意外に住みやすいかもしれません。それらの物件は道路や鉄道の音がしにくいよう配慮されている可能性があるためです。鉄道の音などが聞こえにくければ、他の住人の音はあまり気にならないでしょう。